FC2ブログ
おにおん物語 おにおんの日記
フレプリ西東&南美希・犬夜叉殺りんで活動中
予定と予定
 土日は本来なら大阪でしたが、風邪をこじらせてしまったので断念。先週は家に帰ると咳が一晩中止まらず、喘息の咳も出てきてほとんど眠れない日々が続いていました。これはさすがにまずいと金曜日の仕事終了後に病院へ、近所の病院はなんと23年振りでした。記録が残っている方がびっくりです。
 全然きかなかった市販の薬と比べると、病院の薬を服用後は咳の回数が一気に減っています。やはりこじらせた分、すぐに完治はないでしょうがひどい時は病院に行かないといけませんね。じっくり治します。

 9月の神戸の遠征計画を立てています。東京や大阪と違ってしばらく…約30年振りのため何から何まで調べて行かないといけません。三宮と三ノ宮って…少しずつ進めていきます。

 
スポンサーサイト



5/29キュアリースターズ欠席のお知らせ 5/25
 5/29に参加予定のキュアリースターズは欠席することにしました
 先週引いた風邪が直る気配がなく、遠征をすることで更に悪化してしまいそうです
 初めて参加するイベントで楽しみではありましたが、まずは体調を戻します

 次回のイベント参加は8/21のインテになります
 遠征もそれまでは無しと寂しいですがそれまでの所で創作活動に励みたいです
5/14フレプリイベントレポ
前後が長いです。細かいイベント内容については皆さんのレポがおすすめ…

<イベント直前>
 日程が分かるのと同時に、落選の場合はキャンセル料を払うつもりで飛行機を予約して購入をした3月。当選の連絡は4月中旬とありながらも全然ないまま不安な日々を過ごしながらレイフレに参加。翌日30日、羽田空港に向かう電車の中で当選の郵便が届いてると知らせを受ける。その日の帰宅後ホテルを探すも便利の良い所は既に満室か高い。去年の武道館の時、そして今年の武道館の時のホテルと同じ駅に落ち着く…ホテルは全部違う。イベントの開始時間は書いてあっても終了時間は分からない、ひとまずの予定を大雑把に立てて迎えた当日。
 普段なら6時半に家を出る。しかし今日は手荷物を預ける必要がないので10分くらい遅く出発。飛行機は定刻着、ノリでクラスJにしているとしゅっと出られて楽。結局立てた予定は土日逆にしてまずは東京駅。東京のプリティストアは地図なしでもなんかあの辺な感じなカンで行ける。モフルンスリッパ1900円かと思ったらこれは税抜価格、大きい袋はモフルン柄。持って歩くことはせずに鞄にしまうがこれはかさばる。改札の外に出ているのでお昼をどこで食べようかとウロウロしてもはや自分の現在地が分からない。それでも元の場所に戻ってホテルへ。ホテルは駅の出口から1分ですぐ分かった、でも入口が分かりにくかった。荷物を預けてイベント会場の最寄駅へ。

<イベント>
 12時半過ぎに最寄駅着。早過ぎたと思いながらも駅の出口を間違えていた。正しい駅の出口をみつけて向かうべき方向を確認、でもまだ13時前、神社みたいな所にベンチがあったのでしばし休憩タイム。開場時間の13時半の10分前に向かう。事前にどういうビルかもチェック済、前に参加者と思われる方が20人くらい。開場前にまずは番号順に並んでいく、レイフレくらいの男女比?平均年齢はレイフレより気持ち高い気がしないでもない。開場に入る時に招待状の確認時にスタッフの方がリストにチェックを入れられていたけれど、名前とか住所とかずらっとならんでいた気がする。自分は目が悪いから見ないけど見える人は見えるよなあ、と。Kalafinaのイベントでもそうだと翌日聞いたのでそういうものなんだと。その時に質問の紙をBOXに入れる…私は結局思いつかなかったというより、自分の趣味に走り過ぎてしまうのはいけないかなあと思って断念。招待状は回収されず。
 会場は前にステージが合ってプロジェクターがあり、椅子が1列に20までは無かったかと。番号順に座り3列目で思いのほか良い位置。イベントが始まるまではサントラが流れていた。こういうイベント初めてでただひたすら緊張しながら開演を待つ。隣の方と「どこから来られたんですか?」とか話したいけど出来ないザ・人見知り。招待状に書いてあった物販はなしとのこと。

<イベント>
 まずはミニライブから。茂家さんと林さんのの歌を生で聴いたのは2011年2月26日のプリキュアコンサート以来でした。次の日が「プリキュア祭」初めてのプリキュアオンリーイベントに参加した時です。後期OPと前期ED、こんな近くで聴けるなんて、特にEDが先月の事があるのでぐっときます。会場内の拍手とか合いの手?がここまで揃っているのが不思議でした。リズム感も無く、ただじっと聴くライブばかり行っている自分には新たな世界です。
 で、ライブ直後だったと思うのですが(記憶が定かでないです)、会場のみなさんが全国各地から来ているという事で、北から地方ごとに手を挙げていくのがありました。関東が圧倒的に多いと思っていたらそうでもなく(自分の見える範囲は狭い)かなりばらけていて、地方ごとに抽選したのかと思うくらいでした。東から順だと関西の次かなあと思っていたら、自分の地方は見事にすっとばされまして手を挙げる機会が来ることはありませんでした。あとから気付かれるはず、誰か司会の方に近い席の人!と祈りましたがダメでした。実際に0人なら問題はありませんが、自分を含めて複数いるのは知っています。もしかしたら日本に中国地方は存在しなかったかも…と呆然としていたおかげで数分何も聞こえていませんでした。こいつは精神ダメージきついぞ!
 続きまして沖さんと小松さんの登場、なんですけど!イースの「わが名はイース!…」から始まり「ちがうよ、せつな」の「…キュアパッション」(これもうろ覚えです)からの登場でした。小松さんはイースが好きだった、という事でイースが好き、それは西さん…すぐに西東変換してしまいます。後ろに松野さんが待機しておられるのをうっかり忘れて話されてしまう沖さんに裏から松野さんの突っ込み。オーディション結果発表の3日後がおもちゃの音声の収録というのが驚きでした。これは年表コーナーです。
 次の絆コーナーで松野さん登場です。松野さんが離される度に金田一一が脳裏に浮かんでいました。松野さんの質問に対して、沖さんと小松さんは答えを合わせるというコーナーですが、沖さんと小松さんのボケと松野さんの突っ込みが面白かったです。プロジェクターにうつされているタルトの悪そうな表情とワガナハインフィニティになっているシフォンの絵がシュールでした。
 続いて茂家さんと林さんも加わっての質問に答えるコーナーです。質問は抽選で本当に質問だったものは半分くらいで、後は報告やお願いもありと…そうか質問以外もありだったのかと思いました。質問とされると書きにくいですよね?出演者の方に一言とかもっと自由に書いて良ければ!小松さんの「馬鹿な子…」イースって人気高いですね。私は見ているのがつらくて好きではなかったのです。
 今回のイベントでは触れられないとかと思っていた前田健さんのことを、沖さんが涙ながらに語ってくださいました。最後は後期EDを林さんと茂家さんで締めでした。約2時間、物販をなくした分使える時間を限界まで使って下さったのかと思います。前の列から順番に退場です。声優の方々を生で見たこともなかったのですが、好きな作品に参加されていた方々、同じ作品を好きな方々と過ごせた時間を過ごせた事は幸せでした。フレプリのおかげでオンリーイベントに参加も出来て、一生乗ると思っていなかった飛行機を覚えて度々遠征する人間になりました。もうひとつ大好きな作品あるのにフレプリにもハマってしまうのには罪悪感がありましたが、色々な出会いがあってドハマリして良かったです。

 小説の話は一切ありませんでしたが、10周年の時に続きとか10年後とか、なにかあると嬉しいです。
2週間ぶりの東京
 14日はフレプリイベントに参加します。大雑把な予定は立ててみたものの、プリティストアに最初に行くべきが悩みます。お昼ごはんはここでこれを頼むまで決めておかないと不安、というよりぼーっとしているのでその場で決めようとすると時間が掛かってしまうので先に決めています。もちろん変更する場合も多々あり、明日の自分にまかせます。
 日曜は日曜でプリキュアを見てからチェックアウトするか、見てからにするかまだ決めていません。イベント終了時間も不明ですし、とにかく頑張れ自分!質問まだ考えていないですが難しいですね。
週末の準備
 次の土日は東京です。目的地まで一切乗り換えなしで行けた先週と比べると、むしろ乗り換えない方が無いような感じで不安です。やはり遠征と言うのは半年くらい前からじわじわ準備していく方が良いです。たとえば日程が決まったらホテルの候補を2.、3、時には5つくらい上げておき、予約可能になったら「うわ、ここ高い!」などと言いながら絞っていき…イベント終了時間が分からないので後は当日の自分頑張れ!と任せてしまいましょう。
 目的地の地図を印刷しようとしたらプリンタのインクが無くなってしまいました。前日に印刷しようとして印刷できなかったら恐ろしい事になっていたところでした。遠征時はこの印刷した地図などが生命線です。あと質問も考えなくては。当日までじわじわ準備をしていきます。
予定が決まらない
 来週末の東京の予定が中々決まりません。目的地へ全て乗り換えなしで行けた先週と違い、ほぼ乗り換えありです。今回はメトロメインとなるので24時間乗車券を活用として逆に色々悩んでしまいます。お昼に11時の開店と同時にお店に入るのは大丈夫ですが、夕飯並んで待つのは…先週行こうと思っていたお店が並んでいてコンビニご飯にした人達。まだ次の土日があるのでじっくり考える事にします。日曜日のイベント参加か、土曜日の夕方からのライブばかりだと今回の様に日中にメインがあると難しいです、

 先週のレポで書いてなかったことを少々。レイフレを撤収後ホテルへ向かいました。駅の出口からまっすぐ進んだ所だったので分かりやすい所でした。チェックインは16時にしていましたが15時半前にチェックイン可能でした。朝空港で別れた連れからメールと着信が、電話をしてみると現在東京駅。プリティストアでフレッシュのタブレットとモフルンクッキーを買ってもらいました。ライブ会場で合おうとという事で渋谷へ向かいます。改札で何度も引っかかっておかしいなあと思ったらホテルのカードキーでした。
 渋谷からNHKホールまで一人で徒歩で行ける自信は全く無く、バス乗り場へ。スタジオパーク行きのバス停はすぐに分かりました。が、NHKホールの最寄駅である区役所行きのバス停があの辺りだろうとまでは分かっても、どこを渡っていけば分からずあきらめてスタジオパーク行きのバスにしました。東京のバスは前から乗るのか…この時点で16時10分過ぎ…降りる時にもピッとすると思っていたらしなくてよかったです。バスから見るすべての歩道に人人人、途中消防車が前を走って行きそのまま追いかける事になりました。
 スタジオパーク入口に向かう柱にどーもくんの写真が、写メりたいけれど時間がないので先を急ぎます。ショップとライブ前に何か食べたいなあと思いながらパーク内に入ると順路、順路?ショップは?と地図をみるとなんということでしょう、順路通り進まないとショップもレストランにも行けません。このあとNHKホールまでたどり着かないと行けないのに…焦りながら展示はスルーして進みます。ショップはちらりと見ただけ、あと20分で開演時間!焦りながらソフトクリームを食す。
 NHKホールの行き方がよく分からないけれど建物は見えました。人の流れが見えたのであっちのような気がするで進み到着。次は席へ…残念、ここは2階席の入り口でした。1階席はどこ?開演10分前で焦りながら到着するも連れがまだいない、と思ったら後ろから声を掛けてきました。渋谷駅から歩いてきたものの、人が多くて抜けずにいたとのこと。
 Kalafinaと言えば空の境界です。USJライブ以来のsprinter、去年の武道館も1日目だけだったので本当に久しぶりです。ハマったきっかけは空の境界のBOXを連れが買っていてみせてもらった(有料)ことです。どの曲からかと問われると傷跡のwakanaさんの歌声です。シンプルなセットでも照明の演出がとても良かったです。スピーカーが目の前にあったのと、ピアノと弦楽器という構成のおかげで三人の声がよく分かりました。1列目ということで少し見上げる形になって首が痛かったのが贅沢な悩みです。
 ホテルと同じビル内の店で食べようと思っていなら並んでいたので、コンビニでこれとあれとかごに入れていったら結構な金額になってしまいました。連れの部屋が角部屋ですごいというので見に行くと、入って進んで右に曲がり、更に進んで右に曲がってやっとベッドという細長いんだかぐるっと回っているんだか、凄い部屋でした。自分の部屋は普通です。今回のホテルの良い所は照明が明るいところです。ホテルは読書に向かない明るさの場合が圧倒的に多いですが、ここは違います。レイフレの戦利品を眺めたり読んだり、明るいのは良いです。
 翌日は8時半にチェックアウトして浅草へ。まだ開店しているお店が少ない分、人も少なくて良いです。母希望の人形焼と、父希望の芋ようかんをかったらソラマチへ、。浅草は駅から上がるのに階段が多くて更に筋肉痛になりそうです。筋肉痛で思うように身体が動かないのと、連れがいるからという安心感で普段以上にぼーっとしていたので、エスカレーターに上手く乗れず落っこちかけていました。ソラマチは空港まで直通で行けて良い場所ですが、1時間はかかるのでお昼を食べて、ちょっと店を回ったら空港に向かいます。空港に向かう電車の中でフレプリイベントが当選してると母からメールが届きました。
 空港についたら荷物を預けます。乗る飛行機の5分前に出発する便の荷物預かりが既に最終になっていました。列が長いように見えても回転は速いとしっているけれど内心焦ります。結果として余裕でした。ソラマチでこれだ!と買ったお土産が保安検査場を通過した所にもあってがっくりきましたが、良くあることです。帰宅後は約2週間後のためのホテル探しからスタート、駅から7分は方向音痴の自分としてはなしなので余計に探しづらいです。
 半年分の疲れが出てきているところへ東京遠征をすると更に疲れがたまります。帰宅の次の日が休みのおかげで助かりました。次は14日と15日に向けて予定を詰めていきます。