FC2ブログ
おにおん物語 おにおんの日記
フレプリ西東&南美希・犬夜叉殺りんで活動中
犬夜叉の日
 アニメ犬夜叉1期は全167話。その中で殺生丸様一行が登場するのは47話、うちDVDを持っているのは23話。好きな割には持っていないパート2。たまには見返してみようということでバラバラな時系列でスタート

75話「豹猫四天王の陰謀」76話「標的は殺生丸と犬夜叉!」77話「豹猫族と二つの牙の剣」
 3話かけてのアニメオリジナルストーリー。殺生丸様ファンになったのが77話…普通のアニメなら終わっているぞという遅さ。理由は着地シーンを見て、あれ?お兄さん格好よくない?、そう全てはこの話から始まった。展開としては天下覇道の剣っぽくも思える

96話「病気になったあの邪見」
 邪見さまが主役のようなタイトル、しかし実際の主人公はりん。地念児の両親の馴れ初めが気になる回。のちに完結編でもアニメオリジナルで地念児はセリフなしの出番あり。豹猫から時が経ち、殺生丸様一行の絆の強さがパワーアップしています。一行の出番は本当に癒される

35話「名刀が選ぶ真の使い手」
 なぜここで殺生丸様ファンになっていない!殺りんファンになっていない!当時の自分に突っ込みたい。戦慄の貴公子殺生丸!なんて登場して悪役のような殺生丸様の大きな転換期。のちに99話の「鋼牙と殺生丸 危険な遭遇」につながる、と

 殺生丸様一行関連のアニメオリジナルストーリーは、かなり殺りんの深い所をつっついてきます。一番衝撃的なのは162話「殺生丸様と永遠に一緒」。「妖怪より夜盗が怖いよ」と言うりんとか「ねえ、殺生丸さま」「…なんだ?」「いつか、りんが死んでも、りんのこと、忘れないでいてくれる?」「…馬鹿なことを」というりんと殺生丸様の会話とか、それまで積み重ねていった殺りん云々を再構築しなければならなくなるほどの衝撃。今日のラストにこの話を観ます
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック