FC2ブログ
おにおん物語 おにおんの日記
フレプリ西東&南美希・犬夜叉殺りんで活動中
C84レポざっくり版 20130825
 2013年8月25日発行の夏コミレポざっくり版をpixivにUPしました。追記にも全文載せています。次コミケに申し込むとしたら殺りんらしい殺りんサークルになった時です…何年後かな(遠い目)
 コミケを知ったのは小学生の時、NHKのニュースで東京はなんか凄い事しているなあ、と。2012年12月次のコミケが土曜日始まりと判明。これを逃したら次は無いかもしれない、当落関係に関わらず参加を決めました。フレプリで申し込むような恐れ多い真似は出来ないので十年後も活動が確実な犬夜叉で申し込みました。

九日(金)30秒のホテル…
 仕事を定時に終え帰宅。10日の東京の最高予想気温は37℃。今年に限ってなんで?見なかった事にしました。19時半に空港に向けて出発し22時過ぎに羽田着。時間になっても電車は来ない。日曜のイベントのために土曜に東京入りが普通なので、うっかり休日の時刻表を見ていたのでした。これではチェックインの23時には間に合わない、乗り換え駅の品川でホテルに連絡。
 最終便で東京は初めて。そのために出口から30秒のホテルにしたもんね!出口が違ったみたいで…迷いました。それでも23時半前にはチェックイン出来ました。初コミケ前日、ほとんど眠れないまま当日を迎えました。

十日(土)サークル参加
 5時起床6時半出発。やっぱり最高気温は37℃、コンビニで飲み物は3本買っていきました。大崎まで山手線、そこからりんかい線でビッグサイトに向かいました。まだ早かったためか車内はぎゅうぎゅうではなかったです。7時半前に自分のスペースに到着。ガラガラの会場内は冷房が効いていました。休憩してからのんびり並べ始めます。参加登録カードと見本誌提出はあっさり終了。
 お隣のスペースの売り子さんとお話ししているうちに開場。暑い時はこれだ!と冷えピタを首に、タオルも首に掛けちゃいます。少しずつ会場内の気温が上がっていく事で、始まったんだなあと実感しました。意識して水分はこまめに取りました。西ホール奥の「ま」スペースはトイレが近かったんです。列が無い時にちょっと抜けて2、3分で戻れて楽でした。
 初コミケの自分に東西往復は無理とお昼過ぎに回ったのは西ホールのみ。混雑していて通れないなんてことはなくスペースの書き置き「30分くらいで戻ります」の通り30分くらいで帰ってくる事が出来ました。犬夜叉オンリーに委託参加した事は2ケタ行くか行かないか…1度に犬夜叉本をこんなに買った事はなく感動。犬夜叉オンリーに1度でも直参しておけばと後悔。だって東京に飛行機で行くっていう発想が無かったから!今でも飛行機は怖いです。
 新刊は予想以上に手に取って頂けました。久しぶりの犬夜叉本でこの薄さで感謝しかありません。犬夜叉スペースで本は並んでいるけれど、フレプリ本の中に犬夜叉本は1冊のみ。これは正直恥ずかしいです。自分の殺生丸さま一行の書き方を少し取り戻せた気がするので、次に申し込むのは犬夜叉本をもっと出してから!と思いました。
 花火と日程が被っていて15時前になると撤収ムードが強くなってきました。ホテルに荷物を送って自力搬入搬入の自分は15時半に撤収開始しました。帰りは5年前のスパコミ以来のゆりかもめにしてみるかと駅前の列へ向かいました。
ゆりかもめはぎゅうぎゅうでした。これ以上乗れないよね?と思っても途中の駅で乗る方、降りる方、都会は凄いです。そして終着駅の新橋で、花火大会に向かう人々の多さに更にびっくりしたのでした。アレは駅に入るのに1時間とかかかるレベルですよね?好きなことのためならば!その心に脱帽です。
 前日に続きまして、いえ前日以上にホテルまで迷いました。駅の周りを一周してしまったような?在庫と戦利品の入ったカートが凄まじく重く感じます。あっちだ!と最後の気力を振り絞って歩道橋の階段をおりゃあ!とカートを持って階段を上がり、腕がもう限界!と思いながら階段を下りてホテルに17時に帰還。落ち着いてから夕飯を買いに下のコンビニまで。この日は朝食はおにぎり、昼食はパン、夕食はうどん。そうそう、会場に持って行った氷水が、半分以上こぼれていたのには焦りました。予備のタオルと、飲み物は保温バックにみたいのに入れてあったのが良かったです。他には水とアクエリを持っていきました。
 ホテルから荷物を送ろうと、在庫と戦利品の山と向き合います。B5が二列入る箱と思っていたら入らない!自力で持って帰るものは最小限にしたいと長期戦でした。チェックアウト時間は11時だから朝やるか、とこの日は早めに寝ました。


11日(日)一般参加
 初心者は昼過ぎ来場推奨&チェックアウトが11時で丁度良かったなあとのんびりしていたら10分前。1回荷物を出して戻ったら間に合わないよね?とカートとバッグと送る段ボール箱をなんとか持ってチェックアウト。カートは会場を回るのに邪魔なのでコインロッカーに預けに行きます。空港のコインロッカーなら空いてるだろうとまず空港へ。普段のターミナルと違うのでコインロッカーを見つけるのに戸惑いながら無事預け、身軽になった所でお昼は今日もパンです。ビッグサイトに向かうも結構時間がかかります。帰りの飛行機に間に合わなかったら洒落にならない、午後から大気の状態が不安定とニュースで聴いていたので、何時に帰るべきか悩みながら会場に向かいます。
 ビッグサイトに到着したのが13時半前、展示場前駅の帰る方のすさまじい列を見て1時間?東ホールに向かう有名なゴキブリホイホイはそこだけ天井が低いので熱気がこもっていました。品川の京急との乗り換え通路も同様に暑かったなあと思い出します。
 行きたいホールへも時間がかかりました。会場内の温度も湿度も高く30分で帰ろうと決めました。向かう先は歴史・創作スペース。歴史もののなんかが欲しいんだ!とざあっと見て回ります。とあるサークルさんの表紙に目が留まり、見本誌を拝見し(古代中国?歴史もの好き。この二人にフラグが!男女カプ好き)「全部下さい!」。
 目的は達成したと駅に向かいます。改札を抜けるまでは大変、その後ホームに向かう階段で待機、前の電車が出発してからホームへ。奥へ奥へと行くとあれすいてる?この日は行きも帰りも余裕のりんかい線でした。コインロッカーで荷物を回収。なるべくその中に買った本などを詰め込んで荷物預かり所へ。初めて飛行機乗った時はこっちのターミナルだったがしかし、緊張しすぎて覚えていなかった!ふらふら散策し17時に早めの夕食はラーメン。土日初めての暖かいものです。
 検査場通過後はドラクエをしながらKalafinaを聴きながら待ついつものスタイル。機材繰りの関係で少しだけ遅れるもあまり変わらず到着。いつもはJAL今回はANA、機内でポケモンの映画の宣伝?短編の宣伝?にしては長い…まさか全部観られるの!慌ててヘッドホンを差し込んでイーブイフレンズを鑑賞。ソーナンス!空港から最寄駅までバス、そこからのバスはもうないのでタクシー…このために帰りの荷物は減らしたのです。二十一時半前に帰宅して早々「お土産は?」「ないよ」今回は買ってこないと宣言したはずです。コミケ後の興奮で中々眠れませんでした。

その後
 9日が約5000、10日が8000、11日が14000、携帯の歩数計のカウントです。両腕と両足いろんな所が筋肉痛で逆に痛いのかよく分からなくなりました。お盆休み前の普通の土日休みでした。翌日から休みの人がいるため、いつもよりも少ない人数で過ごす二日間が待っていたので、イベント疲れは13日の仕事が終わった後にやってきました。迎え火の時間ですが、申し訳ないが動けません、喋れません、数時間力が抜けてしまいました。
 戦国時代は元々好きですが、2日目に買った歴史創作本がとても良くて、春秋戦国時代に興味が湧きました。春秋戦国時代もの…キングダム、面白いですよね。横道に逸れそうになったのを戻します。今後は犬夜叉とフレプリと交互に本を出せたら良いです。

最後に
 初めてのコミケ、初めての最終便での東京入りでした。ここ2年で東京に行く事に少しは慣れたとは言え、初めての事も多く今回の目標?テーマは「いのちだいじに」ドラクエです。予想気温が地元の今シーズン記録より高く、暑さで会場にいるのが難しくなったら戦略的撤退も考えて臨みました。普段なら年齢確認用は住基カードの所、今回はもしもの時を考え健康保険証に変更。ホテルだって駅の近くに…これはまあ方向音痴なんで。チェックアウトして空港に向かう途中であっちから出れば良かったんだ!と既に遅しのタイミングで謎は解けました。これで次の機会はバッチリです、ホテルだけは。
 サークル参加日は自分のスペーズでじっとしているのはそこまで苦になりませんでした。西ホールで、近くに混雑場所もなく、壁に近くシャッターも開いていて熱がこもらなかったからでしょうか?あと、山陰の夏は温度が高くなくても湿度が高いのが普通で嫌だけどそのおかげでしょうか?
 二日目は長時間会場を歩き回るのは危険な気がし、早々と帰ってもっと創作サークルさん見て回りたかった!と後悔しましたがきっとそれで良かったんだ、と思いたいです。これでコミケはまかせろ!とはならず、再び参加する機会が訪れるその日まで情報収集に努める事にします。それでは次は完全版で?
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック