FC2ブログ
おにおん物語 おにおんの日記
フレプリ西東&南美希・犬夜叉殺りんで活動中
10/8スパークありがとうございました
 昨日のスパークにてスペースにお越しいただいた方、本を手に取って下さった方ありがとうございました。次回イベント参加は来年4/15のレイフレ18になります。犬夜叉での参加は1年後のスパークを予定しています。来年以降はライブ遠征はここぞという時だけにして同人活動に力を注いでいきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
 昨夜は化粧水のボトルを見ながら手のひらにお茶の入ったペットボトルをえいえいとやっていました。当然お茶がばしゃあとこぼれたので、いつもとは違う位置に布団を敷いて寝たのでした。今朝は今朝でコンセントをささずにPCを立ち上げていておりました。今日が休みで良かったです。それではレポを書いていきましょう。いつもイベント自体より前後の方が長いのはいつものことです。

 いつもなら始発の飛行機で行くところ、この時間が安くて準備時間が取れて良いかなあと12時過ぎの飛行機にしていました。いつもより余裕が出来ると見せかけてギリギリさんは今回もギリギリと言うより表紙が出来ておりませんでした。何度か仮眠を取りながら準備をしていた分、先月のような最悪の体調では無かったのは良かったです。いつもは6時半出発のところ11時前に出発、近くのコンビニでお昼とジャンプを買って、空港へ向かう車内でお昼&ジャンプ。お昼過ぎの飛行機にして良かったのは前日から降っていた雨が止んだことです。
 羽田へは着陸時の気圧の変化で耳が大ダメージ、次の日のイベントの時もまだ耳が聴こえづらかったです。既に14時前、天王洲アイル駅のスカイウォークを使っての乗り換えに挑戦しようと思っていたんですけど、良く分からなくて地上から多分こっちだろうと辿り着きました。途中のコンビニで本文だけコピーを済ませました。ビックサイト側のホテルまで迷うも何も駅からボーンと見えていたので安心です。ホテルへの入り口は少し迷いました。
 表紙を描いてホテルの建物内に夕飯を食べに。どこにも行けてない分過去最高額の夕食は…付け合わせのジャガイモは美味しかったよ…。表紙のコピーと翌朝の朝食を買って部屋に引っ込ます。まずは製本をして、ドラクエをして、22時半には就寝。翌日は6時に起きて8時半前に出発。搭乗前にドラクエをプレイしていたらボス戦になってしまって焦りました。搭乗案内前に倒せて良かったです。
 県内のアニメイトじゃパンフは売っておらず、当日早めに行ってチェックしようの算段。主に事前にチェックをしていたサークルさんの周辺を。イベント中は意外に屋内BGMを聴く余裕はありません。気づいたのは「Parallel Hearts」「暁の車」とKalafinaも流れたようなアル戦のどっちか、多分。
 今回学んだことは、飲食物は早めに買っておく方が良い。スペースに行く前に苺大福だけはは買っておきました。列を見るとどのくらい時間が掛かるか分からずお昼は後で食べようと結論。事前にチェックしていた本は全て購入出来て、荷物が重くなりました。お腹が減り何か食べたい気持ちもありつつも、一応どこかへ行っておきたいと東京駅へ。ポケモンストアでふち乗り的なガチャを、1回目でミミッキュが出ました。
 そして空港でご飯食べたいと思いながら手荷物を預けます。これで手が空いて移動も楽です。最終便と言っても18時半ですがまだ時間に余裕があるので自分としては良い物を食べました。前日のお店のご飯の半分くらいの金額、でも満足度は2倍以上。ゆっくり食べてもまだ1時間以上時間があります。これなら17時過ぎの便で良かったのでは?と思いながらウロウロするも、眠くなって
きて保安検査場通過、ドラクエをプレイしながらコックリしそうになりながら待ちます。
 既に日が沈んだ後のフライトは夜景がきれいです。予定より早く着いたものの、荷物を預けた時間が早かったため自分の荷物が中々流れてこなくて焦りました。家族は興福寺のKalafinaライブに行く弟に便乗して一緒に奈良のため、駅までのバスに乗らないといけないからです。無事バスに乗って、駅に着くまでドラクエをまたプレイ。
 遅めのお昼兼早めの夕食は取っているものの、小腹がすいてきたので駅のコンビニで買い物。東京のコンビニで無いなあと思っていたコロロのレモンは地元にあった。21時にバスなど無く家まではタクシーです。翌日、つまり今日の夕方まで一人ぼっちで寂しかったです。次のイベント遠征は4月まで飛びますが12月のライブ遠征は色々回りたいです。

 来年のイベントからはオフ本にするぞ!の前に100%アナログ原稿でしかオフ本を作った事が無いため、まずはオンデ本を1冊作ってみるところから始めます、ね。そのためには4月のレイフレ用の新刊を作成し始めなくては、そして3巻までの再録本をオフ本で出します。
 
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック