FC2ブログ
おにおん物語 おにおんの日記
フレプリ西東&南美希・犬夜叉殺りんで活動中
犬夜叉完結編感想 11話から15話

<DVD1巻>2009/12/22
帰ってから、まず特典CDをずっと聞いていました。1時間ちょっとの聞きごたえのあるCDとなっています。ジャケンジャー!「君のいない未来」のOPサイズが聞けます。ただし、トークに挟まれています。パソコンで聞いた音より、やはりコンボで聞くとより良い音です。カレンダー、1月と2月が一緒で、それだけ1枚。毎月DVDを買うと1枚ずつ付いてくる仕様なのでした。
今夜のマンガ夜話は犬夜叉です。DVDの発売と重なっているところが憎い演出、なのか偶然か。犬夜叉のDVDを見ながら、放送を待ちます。

<11話>2009/12/27
 今日は、ちゃんとログインできました。殺生丸様一行の出番まであと2週間、中旬発送予定のパルコで発売されているグッズ今日届くようです。注文が殺到したのでしょう、多分。楽しみです。
今回のの主役は、神無です。神楽の回想シーンが切なさをアップさせました。セリフはありませんでしたが、神楽の存在が神無に、私にとっても大きかったなあ、と思いました。 只今動けない奈落は、喋る度に同じポーズで・・・。あとは白夜しかおらず、寂しくなった一行です。予告の珊瑚、色っペーです。

<12話>2010/01/08
 2週間ぶりの犬夜叉です。前回の話を忘れていたので、なんだこの展開は!と最初は戸惑いました。姫に化けてた妖怪は、大本眞喜子さん。私にとってはカービィの方です、ぽよっ。カービィアニメ可愛かった・・・。
 酔っ払った犬夜叉が面白かったです。なんで二人?、三人?弥勒を心配する姿に、成長したなあ、と思いました。そして、次回は殺生丸様のご登場です。死神鬼になんだかんだと言われ、色々な表情をして下さります。
アニメディアとアニメージュは、明日並んでいると良いです。特にアニメージュの描き下ろしは楽しみです。ストーリー的にも犬夜叉と殺生丸様をバーンと見開きで見たいです。

<13話予告>
2009/12/22
 死神鬼は、どなたか分かりませんでした。が、殺生丸様がめちゃくちゃ格好良いです。落ちていく邪見様の落ちっぷりに笑ってしまいました。犬夜叉と殺生丸様が並んでいるシーン、視線を合わせるシーンとか、犬兄弟が一緒にいるシーンは絵になります。ここから犬夜叉は面白さがぐっと増していくのです。
 実際に見られるのは、来年の2週目になります。来週までの1週間の間に予告編を何度も見てニヤニヤすることにします。

<13話>
2010/01/15
 13話と14話が、同時にに更新されていました。久々の殺生丸様一行が見られるだけでなく、2話続けて見られるなんて幸せです。殺生丸様一行が出ていると、あっという間に終わってしまいます。かごめ達の絵はいまいちのような気がしましたが、1話通して殺生丸様が喋って動いてくれるのは嬉しいです。眉間のしわも良いです。
 今日の殺生丸様の見所は、お父さんの事で頭が一杯で、冷静では無い、とかごめに突っ込まれるくらいの、動揺振り。完全な妖怪はいつでも冷静で自分を失うことは無い、と朴仙翁?に言われた事を思い出します。懐かしい映像もありました。鉄砕刃に触れられない殺生丸様、左腕を斬られてしまう殺生丸様、風の傷にやられる殺生丸様、この辺りはDVDを持っています。年末にちょうど見ました。
 14話は、良い作画のようです。毎週殺生丸様が出てくれれば良いのにな、と欲深くなります。

<14話>

 主役はズバリ小さい人達です。殺生丸様さえ始めのちょっとだけの出番です。そういえば奈落も出番が無い回もあるな、とふと思いました。「今日はずいぶんと…」白夜に言われて「うるさい、黙れ」と奈落。それは殺生丸様と御母堂様のセリフです、とは別に言いません。
 完結編も後半に入りました。ここからは何が良いと言いますとまずは殺生丸様の出番が増えていき、主人公その2になっていく所です。次に小さい人達が犬夜叉一行と行動を共にすることが増えていくので、出番も増えセリフも増え見所満載です。
 先のタイトルも見ましたが、20話前後は正直どの辺りの話なのかタイトルからでは分かりません。最終決戦はゆっくりじっくりになっているのかな、という感じです。来週配信の正当なる継承者、14話よりさらに絵が良いです。殺生丸様の重要シーンですので楽しみに待ちます。

<15話予告>201001/05
「正当なる継承者」いきなり、りんちゃんのナレーションとは。可愛い過ぎるではありませんか。この回の絵、すごく良いです。殺生丸様の兄貴度アップ話、楽しみにします。見られるのは、3週間後・・・配信が1週休みだったおかげで、3週間遅れになってしまいましたから。我慢、我慢。


<15話>
2010/01/22
「正当なる継承者」「黒い鉄砕刃」の映像も使われていると言う今回、私は来週発売のDVDを見るまではどこが違うのか分かりません。だからこそ絵柄が、シーンによってカットによって、コロコロと良く変わりました。統一されていた方が、やっぱり良いかな、と思ったり。見ていて気になってしまいました。
 邪見様があんなに伸びるなんて。原作では1コマだったでしょうか、伸び縮みしていて笑えました。りんちゃんは、奈落の言うことを・・・さすがは能登さん、今日のヒロインは彼女で決まりです。殺生丸様が犬夜叉を起こしてあげるところは、楽しみにしていました。お兄ちゃんパンチまでをもう少し「・・・」と原作のように間をとって欲しかったです。
 びっくりしたのは、モウモウ・・・漢字が分からない・・・で、二人の様子をみんなに上映していた所です。なんだその便利な機能!驚くではありませんか!来週は予告には登場していませんでしたが、殺生丸様一行の出番はあるのでしょうか。武器を失って妖怪に襲われる・・・シーンが入るかどうかです。完結編のDVD2巻、まだ見ていません。あんまり出番が無いけれど。
 
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック